2012年09月01日

高校野球

■■高校野球■■ 

オリンピックが盛り上がっている中、消費税増税が審議・成立されたりして、なんだか、オリンピックが、国民の目をそらせさる道具に使われている、との批判の声も。 でも、オリンピックの裏でおこなわれているのは、消費税増税ばかりではない。

それは、高校野球。 まずは、野球自体のは米国から来たもので、初めのころは、「21点先取勝利」だったり、「下投げのみ」だったり。 それが、ルールが何度も変えられ、今の形になったようだ。

そして夏の高校野球。初大会は大正4年(1915年)。それから、当時の満州(1926年)や台湾(1931年)の学校が決勝進出したり、

日米の戦争中には中止になったりしたけど、終戦の翌年(昭和21年)には復活した。

色んな歴史刻んだ高校野球だけど、やはり、若い人達の汗を流す姿、涙を流す姿を観ると、感動せずにはいられない。それは、自身がひた向きで、純粋だった若い頃と重ね、自身を励ましたいからかもしれない。だから、戦争が終わって物資がない時にこそ、高校野球を再開したのだろう。

それにしても、高校野球を観ると、自分の出身地を意識してしまうもの。 「あぁ、自分は本当はここの出身なんだ…」って。


■■The Summer Highschool Baseball Meet■■ 

During the Olympic heat, the sales tax increase bill was deliberated and passed. Some critics say the Olympics was used to divert the eyes of people from it. However, the tax increase isn’t the only thing that’s going on behind the Olympics. That’s the Highschool Baseball.

Baseball itself came from the US, and the initial rules, such as the “21 point score system” and “underhand pitching only” were repeatedly changed and finally became the rules that we know now.

So let’s talk about the Summer Highschool Baseball. The first game was held in 1915. Schools from former Manchuria(1926) and Taiwan(1931) proceeded to the final games, and the meet stopped during the US-Japan War, but one year after the war, it was restored. The Highschool Baseball was woven of all kinds of history.

When you see young men who sweat and tear, you can’t help but have your emotion involved in it :it reminds you a lot of your own rigid and pure youth and you want to encourage yourself. Therefore, people wanted to revive the meet even in the commodities shortage after the war.

Well, watching the Highschool baseball can’t help but make you conscious about where you’re from, like “I actually am from where they are from…”
posted by 英会話のスプラウト--Official Website at 09:25| ●新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。