2012年09月01日

■■左利きのことを、なぜサウスポーっていうの?■■ 

■■左利きのことを、なぜサウスポーっていうの?■■ 
サウスポーはアメリカからきた単語。 southpawって書く。 southは南で、pawは動物の手(足)。 「南向きの手」ってことですね。 主に野球やボクシングで使う言葉だけど、なぜ「南向きの手」が「左利き」なんだろう?

2つの有力な説がある。 1つはアメリカの左利きの野球選手は、南部出身者が多かった。 というもの。 もう1説は、以下の通り:

試合は大体午後にある。 そうなると、太陽は南から西にある。 だから、バッターに打ち易いように、ピッチャーは東から投げ、バッターは西から打てるように作ってあるスタジアムが多い。 左利きのピッチャーが投げると、体は南を向く。 だから、「南向きの手」=「左利き」ということ。

Why call a left-hander "Southpaw?

The word "southpaw" is mainly used for baseball and boxing. But why is a left-handed person called "southpaw"?

There're two main theories. One is that most left-handed baseball players were said to be from the southern part of the US. And the other one is as follows:

Baseball games are normally held after the noon, so the sun is between the south and west. To make easier for the batters to hit, the stadium was made in a way that the pitchers would throw from the east and the batters could hit from the west. If a left-handed pitcher threw, his body would face the south.

Therefore, a southpaw means a left-hander.
posted by 英会話のスプラウト--Official Website at 09:42| ●新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。